注目の記事 PICK UP!

業者様必見!買取相場を調べる3つの手段

業者様必見!買取相場を調べる3つの手段

中古商品を扱うにあたって大切なのが買取相場の調べ方です。これを理解しているのといないのとでは、大きな差が生まれます。相場が分からないと、本来は安く出回っている商品を高いお金で買い取るといったミスも起こりかねません。

相場判断のミスが続くと、商売へダイレクトに悪影響が及びます。今回は買取相場の調べ方を三つ紹介します。

買取相場を調べる3つの手段

店舗に赴いて調べる方法

今も昔も買取相場を知る最もオーソドックスなやり方は、直接店舗へ訪れることです。

しかし売る気のない査定は店舗としてもなかなか受け付けてはもらえません。中には同業者さんお断りな店舗もあると聞いた事があります。
だからといって店舗での査定も不可能ではないですが、冷やかしだと思われてしまう可能性もありますので、注意しましょう。

電話をかけて調べる方法

リユース商品を扱っているハードオフグループは、電話での査定を行っています。当然、同じものでも商品の状態によって買い取り価格が変わります。

電話を使用するメリットは、買取価格の上限が分かることです。ある程度、物品の相場が把握できると、そのあとの行動をとりやすくなります。

店舗を訪れる前にいくらで買い取ってもらえるのかを知りたい人は、積極的に電話での査定を利用しましょう。

インターネットで調べる方法

最も便利なのがインターネットを使用して買取金額を調べるやり方です。
これからはこの手法が主流になっていく可能性が高いでしょう。

本やCD、DVD、ゲームの相場を調べたい人は『買取比較サーチ』を活用

本やCD、DVD、ゲームの相場を調べたい人は『買取比較サーチ』を活用

買取比較サーチ』なら画面の上にある検索画面に、商品の名前やバーコードの番号を入れることで、わずか10秒で買取価格を調べることができます。こちらのサイトは完全に無料で使用可能です。

より正確に調べるためには、Amazonで表示されている商品の名前を入れましょう。

バーコードは5種類のものに対応しています。
ASINコードはAmazonで商品を販売する際につけられた管理番号。規格品番はCDやDVDについている英数字の番号です。JANコードは8桁か13桁の数字でCDやDVD、ゲームなどについています。

ISBNは二種類にわけられます。ISBN-10は、昔に流通していた本についている10桁の番号。ISBN-13は13桁の番号です。最初の2桁が97で始まっているものは、全てISBN-13であると考えて間違いありません。

買取比較サーチを積極的に活用することで、時間の短縮が見込めます。スマホかパソコンがあれば活用できるので、導入の敷居も高くありません。

『ヤフオク』や『メルカリ』などの消費者向け販売サイトを活用

実際に多くの方や企業が一番参考にしているのが、ヤフオクやメルカリなどの相場です。ヤフオクの場合、名前の通りオークション形式であることから、1円からスタートする商品も多く全国的な相場が確立されています。実店舗での相場調べでは在庫状況などにより随時金額が変わってしまう事もありますが、ヤフオクでは店舗ごとの小さい単位ではなく、国内の単位で相場を調べることができます。

[オークファン] https://aucfan.com/

一方メルカリでは、高齢層が多いヤフオクに比べ、18~40歳ほどの若年層の利用者の割合がかなり多いです。またヤフオクとは違う独特の相場がメルカリにもあり、アパレル商品などメルカリなら売れる商品、メルカリなら高く売れる商品も数多く存在します。

オークファンのような相場を一括で調べるサイトはありませんが、メルカリにログインし、商品検索後に『絞り込み』⇨『販売状況』⇨『売り切れ』にチェックを入れることで、取引がされた商品とその価格が一覧に表示されます。

[メルカリ] https://www.mercari.com/jp/

幅広いジャンルの買取相場を調べたい人は『ヒカカク』を活用

ヒカカク』では、様々な商品の買い取り金額を網羅的に調べることができます。不動産からスマホ、パソコン、カメラ、ゲーム機、ゲームソフト、腕時計、古本、自動車、バイク、貴金属、宝石、古着、家具、医療機器、介護用品、ピアノ、靴、金券、チケットなど、そろっていないものがないのではないかと思えるほどの幅広さを誇ります。

地域を選び買取商品を入力して検索すれば、瞬く間に買取価格が表示。

それだけではなく、サイト内にとても役立つおすすめコラムがあり、そちらを読み続ければ自然に買取や査定に詳しくなれるようにできています。まさに至れり尽くせりのサイトといえるでしょう。

まとめ

これまでなら買取価格を調べるためには、実際に店舗へ足を運ぶか電話をかけて商品を鑑定してもらう必要がありました。

今でもそのやり方は有効ですが、多忙な人にとっては不向きといわざるをえません。

現代はテクノロジーの発達により、大幅に時間をショートカットできるようになっています。買取相場の調べ方は今回紹介したように複数の選択肢があります。自身に合ったやり方を賢く選びましょう。

関連記事

  1. 古物ビジネスでおすすめ買取ジャンル!入手が簡単で高粗利な商品とは!?

  2. 儲かる古物商事業者の3つの特徴

    儲かる古物商事業者の3つの特徴

  3. 【メルカリ編】転売の仕方・コツとは?

    【メルカリ編】転売の仕方・コツとは?

  4. 鞄を買い取る時に注意したいポイント・相場・人気のブランドとは?

    鞄を買い取る時に注意したいポイント・相場・人気のブランドとは?

  5. 古物商許可 レンタル事業

    今流行りのレンタル事業 資格は必要!?届け出は?

  6. 【ヤフオク編】転売の仕方・コツとは?

    【ヤフオク編】転売の仕方・コツとは?

人気記事

  1. 古物商許可 レンタル事業
  2. 象牙は古物商許可だけでは買取できない!?特定国際種事業届出書の提出方法とは?
  3. 古物初心者向け!古物市場でのマナー・知っておくべき事
  4. SIMフリー iphone 買取
  5. 書面による届出書の提出
  6. 買取で注意したい、本物・偽物の見分け方【ブランド編】
  7. 【iPhone/iPadの買取】文鎮化させない正しい初期化手順
  8. 質屋の伸び率(近年・2018年)

最近の記事

  1. 【商標利用OK】リユース事業者が嬉しい!無料イラスト素材サイト〜5選+番外編〜
  2. 買取 コロナ禍
  3. 買取広告
  4. 古物商許可 レンタル事業
PAGE TOP